特殊リフォームの実例~アイロン台

私の仕事は設計リフォーム(と思っています)
中には特殊なリフォームもあります。

つい先日、引き受けたリフォームは
アイロン台でした

アイロン台Before

これが、修理前のアイロン台

その昔に、余ったワイシャツかなんかを適当にくっつけたらしく、かなりヘタっています。
お客様に相談されたとき、一応、探したんですよ。修理のできるところ。

残念ながら、そのようなお店は見つけらませんでした。でも、修理用キットはありました。
正直言って、安いアイロン台だったら買った方が安いくらい。

それでもクライアントの意向により、思い入れがあるので、多少値段がかかっても修理したいとのことでした。
よって、アルミカバーと中敷きを急ぎ注文して引き受けることにしました。

甘く見ていました。
古い(フェルト様の中敷き)のを剥いで、新しいのをつけるだけ!
そう思っていました。

ところが、中を開けると大量のおが屑が・・・・
一面、おが屑だらけになってしまい、私は修理の手を止めておが屑と格闘することになりました。

家がフローリングで、絨毯敷でないことに感謝しましたよ。

最後はタッカーで止めて完成です。

裏面は美しくはないけれど、でも、肩などの丸い部分にアイロンが当てやすくなるように、先端を丸めて完成させました。
中敷きも二重にしたので、修理後の使いやすさには自信があります。

投稿者プロフィール

ゆーりん
ゆーりん
一級建築士・住まいづくりナビゲーター

沖縄生まれ
子ども3人

詳しいプロフィールはこちら