虎屋社長上田耕市さんの講演会~商工会女性部宮崎大会⑨

さすがにバイキング二日目の朝食は食べたいものだけをチョイスできました。
最終日の研修は虎屋社長上田耕市さんの講演会です。

出発からドタバタ慌てふためき~商工会女性部宮崎大会①
霧島を見学、そして豪華ランチ~~商工会女性部宮崎大会②
オリーブがジュースに?~~商工会女性部宮崎大会③
工芸館~商工会女性部宮崎大会④
宿到着してさっそく温泉に行ってきます~商工会女性部宮崎大会⑤
沖縄県だけの懇親会、応援がんばるぞ~商工会女性部宮崎大会⑥
食品開発センター視察そしていよいよ主張発表~商工会女性部宮崎大会⑦
交流会でウーマンパワー認識~商工会女性部宮崎大会⑧
そして帰沖します~商工会女性部宮崎大会⑩

会場に入るとき、何と嬉しや、全員に破れ饅頭を配っていました。
上田社長はこのような方です。

公演が始まる前に、スクリーンに映ったご自分の後頭部をまじまじと見て会場を沸かせたおちゃめなオジサマです。

先手必笑!ラッキーを口ぐせに
ということでどんなことが起こってもラッキーと言えば思考は何故ラッキーかを考えてくれる。いいねぇ~

このレジュメは私たちのために書いてくれたのではなく、自分が何を話すか忘れないために記しているのだとか。うん、味があっていいねぇ~

その他、いくつか抜粋します。

元々は佐賀県に住んでいたアイノばあちゃん。夫の借金から逃れるために小さい子三人を連れて夜逃げした。誰も知らない宮崎に来て親切なご縁をいただき生き延びることができた。アイノばあちゃんはイチゴを食べてころっと亡くなった。良い死に方だと絶賛。

あんこに自信を持っていた虎屋だったが、ある日、謎のお客さんから「あんこがかわいそう」と言われ、これを境にあんこが変わった。現在ではつぶあんだけでも5種類のあんこを使い分けている。この話を聞いて破れ饅頭を食べると更に美味しく感じました。

毛が生えるといった怪しげな商品を購入。シャンプー、マッサージ辺りまではよかったが、ヘヤバンドをして眠るというが苦しくて寝られない。高価な商品だったがとうとうリタイヤして人に譲るも、譲られた人もリタイヤしたお話。

埼玉で勤めていた頃の話。台風の日に配達があり、帰りにエンストしてどうしようもなくなった。その時助けてくれたトラック野郎に感謝。大型トラックにけん引された軽自動車はブレーキでぶつかりそうになりつつも無事帰還。お礼に名を訊いても「恩義は廻せ」とのことで感謝の一念を綴る。

服は明るい色を!黒を着る人は容姿が服に負けぬほど明るい人だけ!斎藤一人さんの教えと同じことを述べる。

どんなに雨嵐があっても、飛行機に乗って蜘蛛の上へ行けばいつも青空。だからいつでも「本日は晴天なり」と言おう。

こんな社長の話に聞き入った私たち。沖縄に連れて帰りたいと話していたところ、丁度お見えになりました。

とてもラッキーです。

【19/100】

投稿者プロフィール

ゆーりん
ゆーりん
一級建築士・住まいづくりナビゲーター

沖縄生まれ
子ども3人

詳しいプロフィールはこちら