ローストチキンをホームメイドで

我が家ではホールチキンを買ってきて
それを旦那が調理します。

クリスマスが終わって、スーパーの総菜コーナーを見るとローストチキンが半額の1000円で販売していました。
ということは2000円ということですね。

娘とそれを見て
「うちのはもっと高く売れるね」
なんて言っていたりして・・・(笑)

自家製ローストチキン

でも、事実、我が家のローストチキンは美味しいです。

作ったものを、今年もお世話になりました、と母のところへ持っていくと
待ってましたとばかり喜んでくれて、代わりに野菜を山ほどもらいました。

妹のところに持っていくと、
待ってましたとばかり喜んでくれて、代わりに5キロの新米をもらいました。

物々交換です。
だから、価値にして2500円くらいはあったかと思います。

作り方も凝っています。
前々日くらいから仕込みして、味付けなどします。
お腹の中にハーブを混ぜたバターライスを詰め、皮を縫い合わせ糸で縛って形を整え、オーブンで焼きます。

このときの縫い針を刺繍針を使ったのですが、それでも糸の方が太くて、3本で拠られている糸をほぐして1本を使って縫います。(老眼の進んでいる旦那は糸通しができませんでした(笑))

また、食べわけようとほぐしたトリさんの骨を拾って、だしをとり、ソースを作ります。
このソースが実に味が深くて美味しいのです。

とりさん♡

これで、旦那の定年後の仕事を一つ作ろうと思ったのですが、何せ、我が家では家庭用のオーブンしかないので、大量生産は難しいとなるのです。
ですから、クリスマスチキンは注文品だけにしようと、第一弾では考えるのでした。

チャンチャン

#100blogs 35/100

投稿者プロフィール

ゆーりん
ゆーりん
一級建築士・住まいづくりナビゲーター

沖縄生まれ
子ども3人

詳しいプロフィールはこちら