つい放ったひと言~警察体質にDQNものがたり

私が未だ会社員をしていた頃。残業で日付が変わる直前まで仕事していたんだな。

確かにこの地域は居酒屋が多い。
その中をぬっと抜けていき、
ある信号を右折して国道に入った。

そして、ほんのちょっと走らせると
赤色灯を回したパトカーが

「6677、白のエスクード、左に寄せて停まりなさい」

ときた。

だからさ~、つい出ちゃったのよ。
免許証を出しながら、

「飲酒と思ったんでしょ、残念でした」

おまわりさん、慌てて

いや、スピードが出てたから・・・

なんだかんだ、言ってたけど、
国道入って何百メートルってところで、そんなスピード出せないし、
なにより、私を抜いていった車もあったし、

それを指摘すると、

あ、あの車もスピード出してたね

とあっさり。

かわいくないなぁ。けーさつがかわいくても困るんだけど、
飲酒運転と思って停めました。失礼しました。
くらい、言えないのかよ、と、

絶対に謝罪しない警察体質が丸わかりな事件でした。

投稿者プロフィール

ゆーりん
ゆーりん
一級建築士・住まいづくりナビゲーター

沖縄生まれ
子ども3人

詳しいプロフィールはこちら