忘れないうちに香港の思い出一日目、観損なった夜景とイケメンバーテンダー

年末に香港へ行ってきました。忘れないうちに記録で残したいと思います。

娘の香港遠征にかこつけて、私と息子二人で行きます。
旦那も誘ったけど「行けるわけないだろ!」と一蹴。もう一度言うけど、私はちゃんと誘ったの!それを断ったのは旦那なの!

20年以上ぶりにパスポートを持ちました。以前は5年有効だったんですけどね。小っちゃくなったパスポート!
(って私、こんなに海外に行っていないんだ~)

乗り継ぎ便だと少し安いのですが、時間もかかるので直行便を選択。
途中の写真は無いけれど、いきなり香港空港です。

空港の中で電車に乗るなんて思わないからここに行きつくまで迷いました。日本語通じないし。

とりあえず、お腹空いたので空港の中で腹ごしらえ。日本と違って水はサービスじゃないので自分で買います。

空港からホテル向かいます。まずはオクトパスを購入。これが後々とても便利で重宝すると実感するものです。
エアポートエクスプレスで香港駅まで一気に向かいます。その後はリムジンバスを利用して近くの大型ホテルまで行き、そして徒歩でホテルへ行きます。
ホテルって中国語で酒店と書くんですね。

近代的なビルの狭間に古いビルも存在。大通りからも見える位置に洗濯物がひらひらしているのには笑ってしまった。

夜景を見に行こうとタクシーでビクトリアピークに向かいます。100ドルしなかったです。電車・バスよりも早く、おススメです。

牛のキンタマが高級食品であると噂があったのですが、看板を見つけ、これだ!買わなかったけどね。

人がいっぱい並んでいるので、ここがスポットと思って長時間並びました。これが運命の分かれ道でした。
なんと私たちが並んでいたのは下りのケーブルカー。。
夜景スポットに行って、夜景を見ずに戻ってきてしまったのです。

仕方ないので、その辺のライティングしているビルを楽しみます。

ここで、足場に目が行ってしまいます。さすが建築屋さんだね。竹足場という日本では見られない足場に釘付けです。赤いのは看板の光が反射しているということだけで、赤い竹ではありません。

お腹は空くけど、なかなかコレと言ったお店に遭遇しない私たち

しょうがない、エイ!ヤー!で決めて入りました。ちょっと(だいぶ)お高めのオシャレなバーでした。テーブル席が空いていないということでカウンター席に座りますが、この席がよかった。バーテンダーが目の前でカクテルを作ってくれます。

歩き疲れたのでホテルでセルフマッサージするも、寝落ちです。

【13/100】

投稿者プロフィール

ゆーりん
ゆーりん
一級建築士・住まいづくりナビゲーター

沖縄生まれ
子ども3人

詳しいプロフィールはこちら