炊飯器が無くてもご飯は炊けるんです

つい最近、自炊男子と話することがありまして、
炊飯器が壊れたんだって。

で、 ↓ のようなご飯を買っているのだと。

いやー、マジか?
つい教えたくなって

鍋でもご飯炊けるよ というと

え~~ と驚かれてしまった。

だって、子供の頃、お釜でご飯炊いていたし、
炊飯器の内側の目盛りなんかなかったから、
手分量で水加減していたし、
コンロにタイマーなんてついていないから、
吹き加減で火力調整していたし、
(はい、昭和の賜物です)

だから大丈夫って!
しかも鍋で炊く方が絶対美味しい!

けしかけたら、翌日は鍋で炊いてみたって。行動早いじゃん!

鍋でご飯を炊く方法

それでは早速披露しましょう。
一番大事なのは、はじめにお米を砥ぐこと。
意外と忘れがちだけど、これでご飯の美味しいマズイが50%(当社比)決まります。

次に充分吸水させること。これでご飯の美味しいマズイが30%(当社比)決まります。

あとの20%が火加減と蒸らし加減です。

火加減に自信がなければ弱火で最後まで炊いてもいいですよ。
では、頑張って!

投稿者プロフィール

ゆーりん
ゆーりん
一級建築士・住まいづくりナビゲーター

沖縄生まれ
子ども3人

詳しいプロフィールはこちら

前の記事

暮らし研究ラジオ20/1/13