牛乳の飲み過ぎは貧血になる

こないだのZoom会議でちょっと話題になったけど
牛乳は身体に悪いってコト。

信じられないと思います。
だって学校給食にも出されていて、
カルシウムたっぷりだし、「毎日牛乳飲みなさい」なんて言われるし。

だから、嫌いな人も「身体によい」と信じて無理して飲むんですよね。
これが間違いのもと。

まず、牛乳を飲み過ぎると「貧血」になってしまいます。
そのの原因は、カルシウムを大量摂取することによって鉄の吸収が阻害され、いわゆる鉄欠乏性貧血になってしまうことによります。
困ったことに、他にも亜鉛の吸収も阻害してしまうので、味覚障害などを引き起こしてしまいます。

でも、カルシウムが摂れるなら鉄剤を補えばいいんじゃないの?
なんて思われがちですが、実は摂りすぎたカルシウムは身体に悪影響を及ぼすのです。
(この話は後日)

だから、牛乳は摂りすぎない。
嫌いなら無理して飲まない。

で、私ですが、牛乳が好きです。
その場合は、あくまで嗜好品として飲んでいます。
コーヒーやチョコと同じ扱いですね。

もともと牛乳は牛の赤ちゃんの食べ物。
それを人間がちょいと拝借しているだけなのです。

だから、牛乳をいただくときも、牛さんに感謝して有難く飲みましょう。
くれぐれも嗜好品の範疇から超えない範囲でね。

 

家を建てる前にすべき21のステップの購読申し込み

【21/100 2020/04】

投稿者プロフィール

ゆーりん
ゆーりん
一級建築士・住まいづくりナビゲーター

沖縄生まれ
子ども3人

詳しいプロフィールはこちら